research product

抗癌剤で誘導されるヴォールトの発現亢進機序と抗癌剤耐性機構の解明

Open Access Japanese
  • Publisher: 鹿児島大学
Abstract
VaultはRNAタンパク質複合体で、その発現量と多剤耐性癌細胞における治療抵抗性との相関が指摘されているが、vault自体の機能については未だ不明な点が多い。これまでに、vaultの構成成分であるmajor vault protein (MVP) は、DNA傷害性抗癌剤により発現が亢進することが報告されている。本研究は、抗癌剤処理下でのMVPの発現亢進機序およびその機能について検討を行うことを目的とした。ヒト大腸癌細胞株SW-620におけるMVP mRNAとMVPタンパク質の発現はアドリアマイシン(ADM)により誘導された。また、ADMにより、MVPプロモーター活性が約2倍上昇した。さらに、ADMによって誘導されるMVPの発現はSp1をknockdownすることにより抑制された。MVPが抗癌剤耐性に関与することが考えられたので、knockdown株を作製し、抗癌剤感受性試験を行ったところ、MVP発現株はMVP knockdown株に比べ、ADMに耐性を示した。さらに、ADM処理下におけるCaspase 8およびCaspase 3の活性化ついて解析したところ、MVP発現株では、MVP knockdown 株に比べ、ADMで誘導されるCaspase 8およびCaspase 3の活性化が抑制されていた。癌細胞はMVPの発現を亢進することにより、抗癌剤によって誘導されるアポトーシスを回避し、vaultが癌の抗癌剤耐性化に重要な役割を担っている可能性が示唆された。
Persistent Identifiers
Subjects
free text keywords: Vaults, 抗がん剤耐性, apoptosis, caspase, adriamycin, major vault protein, Sp-1, 499
Communities
  • Digital Humanities and Cultural Heritage
Download from
Any information missing or wrong?Report an Issue